無明の酔

「その時がきたら言え。俺がこの手で引導を渡してやる」

新選組一番隊長沖田総司は、天才的な剣技と屈託のない人柄の持ち主だ。しかし、池田屋事件で喀血し、不治の病を抱えて生きることになる。
そんな時、京の町で立て続けに幕府方の御用商人が殺された。そして、試衛館時代から旧知の仲である、旗本内藤新三郎が姿を現した。
沖田に会いに来たと告げる内藤。血腥い暗殺の背後に見え隠れする、大商人「相模屋」の思惑。沖田の己への思慕を認めない土方。
元治元年秋、近藤東下中の新選組を舞台に、沖田、土方、内藤──三者の現在と過去、そして、思いがたどり着く結末とは。
24hポイント 42pt
小説 10,806 位 / 80,344件 歴史・時代 118 位 / 1,096件