アルカディア・カリュクス

紀元前12世紀。謎の異民族によって、ギリシア人は故郷を追われた。彼らは星空を頼りに筏で海を渡り、太平洋上の小さな島に理想郷を作った。
悲劇と希望、決して忘れてはならないことをこの地に刻んで。

時は流れて、2019年、日本。


「事務所に来てくれ。スーツで」

岡野塁は、ただの人になった。
現役最後の打席は見逃し三振。

同期入団の新藤に実力の差を見せつけられる。
黄金ルーキー入団の裏で、ユニフォームを脱ぐ選手たち。

野球に賭けた青春は、ある日突然、崩れ去る。

戦力外通告をあっさりと受け入れた塁は、不完全燃焼のまま、株式会社カイザータックンで営業の仕事を始めた。

「シグマ」と呼ばれる存在を崇拝するカイザータックンのビジネスモデルに塁は違和感を覚えたが、神門社長からの期待に応えるために必死に働く。

砕けるプライド、認めたくない現実に苦しむ塁は、激務に耐えかねて、不思議の国のアリス症候群を発症し、倒れてしまう。

そんなとき、新藤も戦力外通告を受けていた。 あっさり野球を諦めた塁と、食らいつくように野球を続ける新藤、数奇な運命な辿る2人にはある秘密と共通点があった。

どん底を経験した塁は、カイザータックンの本社があるラムダ公国に栄転することになる。

理想郷と呼ばれるラムダ公国は、全世界に電子国民が存在し、あらゆる最先端技術が取り入れらていた。

しかし、そこで待ち受けていたのは、不可解な事件や現象の数々だった。

ねずみ講、子供たちの失踪、人々の体中に浮かび上がる赤い斑点…

人も、何も信じられないどん底の最中、塁が見たものとは…?
そして、塁の見逃し三振に込められた意味とは…?

古代遺跡、交錯する野望、最先端科学...

支配とはなんだ?
働く意味とはなんだ?

究極の選択、何かを得るためには、何かを失う。

目まぐるしく変わる状況の中、
大いなる野望を阻止するため、塁は最後の戦いに挑む。

笑い、涙、絆、冒険、希望、3200年の時を越え。

全ての社会人に捧げる、一度終わった男の再生譚。

勧善懲悪、スカッとする!

世界の全てが詰まった最高のエンターテイメントを届けます!

1章 冒険の夜明け
2章 怪しげな株式会社
3章 ライアンに取り憑かれた右腕
4章 理想郷・ラムダ公国
5章 古代遺跡とアルカディア民
6章 弔いの鐘と∑
7章 祈りのカリキュス
24hポイント 0pt
小説 65,807 位 / 65,807件 ファンタジー 20,272 位 / 20,272件