純粋だから奪われたのなら、悪魔となって奪い返してみせましょう

――心優しい少女が、悪魔となって復讐を果たそうとする―― 
良家の娘として何不自由なく暮らしてきたセリーヌ。
白く透き通った肌に、淡い桃色が頬に彩を添え、まるでさくらんぼのような唇を持つ美少女だった。
しかしある日、父がだまされてサインをした証書を持ち、高利貸しに家財すべて取り上げられてしまう。
父はショックで病に伏せ、母親は娼館に、セリーヌは奴隷として売り飛ばされてしまう。
セリーヌは幼馴染だったクリスティアンの家に買われ、メイドとして働き始めるが、ある日、クリスティアンの父のせいで家が没落したことを知り、すべてを奪うことを決意した。
24hポイント 35pt
小説 9,005 位 / 58,682件 恋愛 3,140 位 / 14,117件