シャーロットは約束を守ることにした

 機械大国と呼ばれている、エリュドラン王国。
“祝福”の儀式を受けるために教会に行くが、時間に遅れて途方に暮れる俺に声をかけてくれたのは、まだお披露目を終えていない王女殿下、シャーロット様だった。


 帝国から移住してきた唯一の子供。それが、レオン君でした。一人で教会を訪れたレオン君に声をかけ、祝福の儀式を執り行いました。これが、私とレオン君が出会うきっかけとなり、私達は友達になれました。学園に入学し、同じ学舎で育ち、望めばいつまでも一緒にいられるものだと思っていました。

 帝国の隷属国が一斉蜂起するあの日までは。








冒頭が①の一年ちょっと後、②の9年前くらいです。

【とある大陸の話:ひとつなぎの大陸(本編)】
①アリアナ・ロッソは王女の嘘に巻き込まれた
② シャルロッテは婚約破棄を告げられた挙句、以前飼ってたペット(奴隷)に命を狙われている
◎本編:シャーロットは約束を守ることにした
24hポイント 0pt
小説 112,437 位 / 112,437件 恋愛 32,329 位 / 32,329件