上 下
37 / 77
第三話 ~秋~ 獄卒方、読書の秋って知っていますか? ――え? 知らない? なら、私がその身に叩き込んで差し上げます。

準備しましょう。

しおりを挟む
しおりを挟む