【R18】友達から始めて恋人になるはずがセフレになってしまった私の後悔

大学1年生の茅野杏子は、いつも講義室の一番後ろに一人で座る草木田光貴が気になっていた。思い切って、「私、草木田くんの事、好きみたい。友達になってよ」と声をかけた杏子に、彼は「俺の事好きなの?じゃーヤらせてよ」と最低な返事をする。セフレになってしまった杏子の後悔のお話。
本編と、あほえろいだけの後日譚があります。

この作品はムーンライトノベルズにも掲載しています。
24hポイント 335pt
小説 4,150 位 / 148,297件 恋愛 2,008 位 / 46,728件