愛する花の身代わりに

フェイは狼族のΩとして生まれた。両親を亡くし、親戚の家では不遇で、売られてしまう。売られた先は、狼族の中でも格式の高いファーカー家で、そこの娘の護衛兼友人として暮らすことになった。彼女は、人族と呼ばれ毛皮もなく、柔らかな身体の持ち主で、フェイは身体を張って彼女を護ると決意する。
彼女の兄は、そんなフェイを快く思っていないようで……。

独自のオメガバースものです。転載です。
24hポイント 7pt
小説 33,082 位 / 144,659件 BL 6,936 位 / 16,491件