先生に恋しちゃったかも

高校1年生の遥(はるか)はストレスを溜めやすく人に気持ちなど伝えることが苦手であったために過呼吸を起こすことが多かった。ある火曜日、学校で過呼吸を起こしてしまい、廊下の椅子でうずくまってたところ水谷先生に助けられた。その水谷先生は凄くかっこいいわけでは無かったが、とても優しく唯一遥が自分の気持ちを伝えられる先生だった。そんな遥は先生に恋してしまったのかと思うようになった。
一方、そんな水谷は遥のことをお気に入りの生徒にしていた。遥は自分のことをあまり話さないと学年の先生の中でも話題になっていて心配をしていた。そんな時遥が過呼吸になり、これを気に話を聞いてみようと思う。そんな水谷も遥に恋をしてしまったことに気づいた。

2人の恋はある日を境に両思いだと気づくようになる。この恋は叶うのか。。。

《登場人物》
立花遥(たちばなはるか)→高校1年生。昔から引っ込み思案で、人に気持ちを伝えられず、周りに合わせて気持ちを言ってしまい本当の気持ちが伝わらず、自分に対してイライラし、ストレスが溜まり、過呼吸をよく起こす。

水谷和也(みずたにかずや)→遥の英語の先生でもあり遥の学年の違うクラスの担任でもある。遥をお気に入りの生徒にしている。28歳と若い。
24hポイント 0pt
小説 99,612 位 / 99,612件 恋愛 27,731 位 / 27,731件