ママ友が勝手にトイレや風呂を使ってしまうなんて・・・酷すぎて許せない。

「ね、あたし、あたしよ」玄関のチャイムがけたたましく鳴るので、私はドアを勢いよく開けた。
そこにはママ友の夏樹さんが立っていた。
「ちょと、おトイレ貸してもらえるかしら」
「え?あ、はい」
すでに靴を脱いであがり込んでいる夏樹さんは私を押しのけてトイレに入ってしまう。
ジャーッ
24hポイント 0pt
小説 124,644 位 / 124,644件 大衆娯楽 4,513 位 / 4,513件