電車に乗ったらノーブラの女の透ける胸に釘付け!誘惑に負けた俺はホテルで顔を挟まれて・・・

営業のため、昼間電車に乗ることが多い。
昼間の電車は朝とは違い、ゆったりと座れるのがいい。
今日も幾つかの営業先に行くために、椅子に座って1日のスケジュールをチェックしていた。

すると、電車のドアが開き、ミニスカートの女性が乗ってきた。
「お、おお?!!」
24hポイント 14pt
小説 19,358 位 / 100,312件 大衆娯楽 541 位 / 3,079件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!