泡沫の告白、空白の二文字

 口にすると『想い』が消えてしまう世界で、エドはラグノーを愛していた。秘めた想いを隠し続けてきたエドだが、彼に転機が訪れる。――ね、みんなに内緒で僕ら、パートナーにならないかい? これは無邪気な子供達が他の子供達の目を盗んで愛を育む物語。そして無くす物語。


 ※この作品は同作者名にて他サイトでも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 41,083 位 / 41,083件 BL 3,252 位 / 3,252件