宿りのライカ

『自分自身を護り、育てさせる植物』が存在する。『宿り実』と呼ばれる少女達は、生まれた瞬間から自分の花と文字通り運命共同体の宿命を背負わされていた。五人の少女達は自分の花以上に特別な存在を作ってはいけない。
 五人は最果ての山で一人の監督官、ユキトに宿り実としての生き方を教授される。彼女達は次第に自分の花ではなくユキトの特別になろうと自我を持ち始めていた。
24hポイント 0pt
小説 63,837 位 / 63,837件 ライト文芸 2,445 位 / 2,445件