だから三次元の女は嫌いなんだ。

黒崎雄太は2次元の女の子が大好きだ。

現実(三次元)の女にはまったく興味がない。

家でアニメや漫画、ラノベにフィギュア、その他グッズと戯れることが彼にとって何よりも大事なのだが、

毎日残業や上司・先輩・友達との付き合いでプライベートの時間が持てない。

耐えられなくなった彼は転職を決意する。

残業なし、飲み会なし、夢の空間作りのために選んだのは田舎で暮らすことだった。

理想の生活を手に入れたはずだったが、隣に住んでいた(?)らしい女を餌付けしてしまう。

家事全般のスキルなし、仕事もしていない、それどころか記憶もないその女との共同生活が今始まる。

8月中23時ごろに1話ずつ投稿・30話完結予定です。
24hポイント 0pt
小説 42,771 位 / 42,771件 ライト文芸 1,708 位 / 1,708件