猫と笛吹き

『目を凝らせば、世界はいつだってワンダーランド』

第一章『猫と笛吹き』
護衛騎士という異名を持つ、ある悩みを抱えた少年と、彼を取り巻くちょっと不思議な人々+αの日常に限りなく近い非日常の青春系物語。

第二章『花と占い師』
思わずハニーと呼びたくなってしまうくらい人懐っこくてクレイジーな少女(自称)葉月と、カオスで不思議な人々の繰り広げる学園祭のお話。

第三章『本とバイリンガル』
2年生になったのをきっかけに、執筆活動に多く時間を割いたり、文芸部に入ったりと新しい事を始めた芙蓉。そんな中、決別した元親友、元田剣が留学するという話を聞いて──
悩みと将来がキーワードの最終章。
未来へ続く前進のお話。

※2018年4月8日完結しました。
24hポイント 7pt
小説 8,246 位 / 28,674件 ライト文芸 211 位 / 968件