完璧主義ほど疲れるものはない

この物語は自称完璧主義男子が行く異世界末端計画ストーリーである。
ある朝、いつも通りの時間に信号を渡ろうとした京であったが、いつもは見ないトラックが飛び込んで‥来なかった。しかしまたいつもは地面に三つあった鳥の糞が一つ増えていたのだ。それに京は驚愕し、石につまづき頭を打ち気を失ったのである。目を覚ました時には‥
24hポイント 0pt
小説 60,354 位 / 60,354件 ファンタジー 19,357 位 / 19,357件