雪降る町の消失簿

――いつかすべてが雪になる世界で、彼女たちは出会う。
山鳥紗菜は雪が降り続ける街で、雪になって消えていく和菜の姿を呆然と見つめていた。和菜だった雪は、綺麗に並べられたレンガ調のタイルを濡らしていく。残された紗菜の瞳には、一人の女性が映っていた。
24hポイント 0pt
小説 80,602 位 / 80,602件 ライト文芸 3,670 位 / 3,670件