「愛して欲しいだけだった。」

 クリスティナ。

 その日、公爵家に誕生した赤子は、そう名付けられた。

 美しい容姿と、光の精霊王の加護。
 それでもクリスティナは両親に愛されなかった。

       ***

30000字から40000字を予定しています。

24hポイント 113pt
小説 5,933 位 / 79,458件 恋愛 2,540 位 / 21,093件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

公爵家の次男は北の辺境に帰りたい

BL / 連載中 24h.ポイント:8995pt お気に入り:1770

Bグループの少年

青春 / 連載中 24h.ポイント:63275pt お気に入り:6839

メンヘラの私に悪役令嬢は向いてなかった

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:92pt お気に入り:36

婚約破棄をしたのだから、王子はわたしを探さないで!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:166084pt お気に入り:3551

転生先は盲目幼女でした ~前世の記憶と魔法を頼りに生き延びます~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:91711pt お気に入り:8171

愚か者は幸せを捨てた

恋愛 / 完結 24h.ポイント:7050pt お気に入り:3167

二度目は利用されません 〜夫に殺された侯爵夫人は人生をやり直す〜

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:99926pt お気に入り:5940

悪役令嬢と呼ばれた彼女の本音は、婚約者だけが知っている

恋愛 / 完結 24h.ポイント:291pt お気に入り:3781