彼女は鳥かごの中 番外編(後日談)

SOFは電子機器を止めてしまう体質で、良い方向でも悪い方向でもとにかく感情が動かされれば、効果の範囲が広くなる。
その体質のせいで保護施設に隔離された人たちと、それを取り巻く人たちの話。
「彼女は鳥かごの中」の後日談を含む番外編。
---
未来。地球ではない星が舞台。SFっぽいのは設定だけです。
抱えている問題が全部すっきり解決する話ではありませんが、一歩踏み出したり、進んでいることに気づいたり、少し視野が広がったりします。
---
本編を読んでいなくても読めると思いますが、ネタバレを含むかもしれませんので、気になる方は本編から先にどうぞ。
本編は恋愛モノですが、番外編はそうではありません。
---
1.「緑、黄、赤」・・・別の施設から移ってきたベルタの話。
2.「そして青」・・・父親とずっと会っていないルウコの話。
3.「普通の小さな白い鳥」・・・隣接するホテルで働き始めたモトヤの話。
4.「誰かの大きな黒い鳥」・・・別の施設で指導員になったハルオの話。
5.「黎明の紺」・・・滅多に外に出ないナナカの話。
6.「薄闇の紅」・・・ほとんど無表情のチヅルの話。
7.「エウレカ」・・・ナナカのかつてのクラスメイトの話。

※自サイト、カクヨム様にも掲載中。
24hポイント 0pt
小説 100,207 位 / 100,207件 ライト文芸 4,351 位 / 4,351件