惑星エラム 幻のカタカムナ 第三部 嘆きの女神編【ノーマル版】 

 ヴィーナス・ネットワーク世界も拡大の一途、変な百合が主流の世界ではあるが、それなりに安定繁栄している。

 惑星中原で、ヴィーナスさんは、デーヴァの科学と社会風習は、ヴィーナス・ネットワーク世界とは相いれないとの結論に達した。

 それはデーヴァたちも同じこと、なんとデーヴァの『下天』にヴィーナスを誘い込んだ。

 そこはパクス・ロマーナが再現され、デーヴァたちのエネルギー供給世界と化していた……

 本作はミッドナイトノベルズ様に投稿していたものから、R18部分を削除、FC2様、カクヨムで公開しているものです。しかしそうはいってもR15は必要かもしれません。
 一話あたり2000文字以内と短めになっています。
 
 表紙はウジェーヌ=エマニュエル・アモリー=デュヴァル  ヴィーナスの誕生 でパブリックドメインとなっているものです。
24hポイント 28pt
小説 14,430 位 / 96,152件 ファンタジー 2,793 位 / 26,103件
1 / 4

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!