百年紀のカレンダー2 ガリレオ・カウンティス 【ノーマル版】

 マルス移住に多大の貢献をした、四つの勢力にはご褒美として、ガリレオ衛星の開発許可がおりた。

 ソル星系外惑星鉄道が整備され、ガリレオ衛星ステーションには、四つの衛星世界を管轄する、執政官府もおかれた。
 執政官にアリシア・デビットソンが任命され、ユニバースからも、新米軍事参議官四人が赴任してきたが……

 心配性のミコさんも、小姑よろしくチョロチョロと付いてきた。
 そして女と金の獲得をもくろんでいるような……

 そんな中、マルスへの輸送船が襲撃されるという事件が起こった。
 それは引き続き起こった軍事紛争の幕開けだった……

 『惑星エラムより愛をこめて』から『惑星エラム 幻のカタカムナ』までの百年紀のサイドストーリー……
 『百年紀のカレンダー』シリーズの第二集。
 本作はミッドナイトノベルズ様に投稿していたものから、R18部分を削除、カクヨムで公開しているものです。しかしそうはいってもR15は必要かもしれません。
 一話あたり2000文字以内と短めになっています。
 
 表紙はモロー,ギュスターヴ ガラテイア でパブリックドメインとなっているものです。 
24hポイント 0pt
小説 92,013 位 / 92,013件 ファンタジー 25,601 位 / 25,601件