「惰眠を貪ってばかりの穀潰し」と言われて婚約破棄されましたが、聖女のお仕事はどうすればいいのでしょう?

「僕は──聖女シェラローズとの婚約を破棄する!」

 ある日突然、第一王子から婚約破棄を告げられた聖女シェラローズ。
 惰眠を貪ってばかりの彼女は、将来王族の一員となる者として不適切だと言われ、散々罵倒された彼女はひとり、城を追い出されることに……。

 決して小さくない傷を心に負ったシェラローズだったが、そんな彼女のことをちゃんと理解してくれる家族や友人たちに支えられ、愛する人と共に新たな幸せを歩んでいく。

 そんな甘くてちょっぴり切ない恋の物語。
24hポイント 7pt
小説 29,478 位 / 127,962件 恋愛 12,790 位 / 38,014件