おいなりさんは今日も厄介事に巻き込まれる。

吉祥寺 いなりは九尾の狐と人間の間に生れた半妖怪。
とはいっても、半分は人間の血が流れているわけで、別に妖怪としての人生(妖生?)を生きるわけでもなく普通に一般の中学校に入学。
平和な日々が送れると思いきや、クラスメイトには半妖怪の鬼、大江山 愁と烏天狗の松林 黒羽と、なかなか個性的なメンツ。
そして、三人は体育祭をきっかけに麒麟を宿す少年、室咲 北斗と出会う。彼が妖怪に狙われやすいことから、三人は北斗を守ることを約束する。
しかし、そんな時。日本の妖怪の殲滅を目的とする組織の存在を知ったいなりたち。
目的の阻止のため、半妖怪達が奔走する!!

敬語口調の狐っ娘とイケメンなのに馬鹿な鬼、ゆるキャラっぽいのに腹黒男子の烏天狗と個性豊かなな三人組によるバトルアクションコメディ開幕!!




※小説家になろうで「おいなりさんの厄介な怪奇譚」の名前でかなりの加筆修正加えたものを投稿してます。
 こちらの本編と話の流れはほぼ変わりませんが、キャラの設定をすこしいじってます。
24hポイント 42pt
小説 9,783 位 / 77,305件 キャラ文芸 128 位 / 1,869件