ある日突然俺の前に宇宙人が現れ、毎日がコズミックな日常となった。

都内の高校に通う竹内慎は不思議な力があった。
人の感情を読み取る力と時を止める能力――その能力は彼が幼少の時に発言したものだった。
不思議な力を持ちながらも平凡な毎日を過ごしていた彼の前に一人の美少女の宇宙人が現れる。
彼女の名はシトラス。
彼女は宇宙最強の戦闘民族と呼ばれるハイドロネアンドロ星人という宇宙人で、彼女と会った慎の毎日は大きく変化を遂げていく。
24hポイント 0pt
小説 64,259 位 / 64,259件 SF 2,117 位 / 2,117件