家出少女を拾った社会人男の新たな人生

 都内で働くサラリーマンの多賀城明(たがじょうあきら)は仕事の帰り道、一人の少女がボロボロの服で道端に座り込んでいるのを見かける。
「大丈夫か?」
 そう話しかける明であったが、少女は無表情のまま明のことを見つめた。
「私をあなたの家に連れてって欲しい」
 少女にそう頼まれた明は少女を家に連れていくことになる。
24hポイント 28pt
小説 11,261 位 / 60,437件 ライト文芸 251 位 / 2,424件