古都ならまちの和カフェあじさい堂花暦

東京の百貨店の外商部につとめていた須藤悠花、27歳。

とある事情から職場に居づらくなり、実家の奈良に帰ることになる。
もともと実家の離れての就職に反対だった母からはここぞとばかりにお見合いを勧められる。

しかし、久しぶりに「ならまち」に住む祖母のもとを訪れた悠花は、なぜか近所の和カフェ「あじさい堂」を手伝うことになってしまう。

古都奈良のカフェを舞台にしたお話です。
24hポイント 28pt
小説 10,179 位 / 63,642件 ライト文芸 165 位 / 2,443件