冴えない俺と、ミライから来たあの娘

 ルックスは平均点。営業成績は落第点。
 全てが凡庸なサラリーマン【秋葉悟】彼の元にある日、【葛見千花】と名乗る女子高生が現れる。
 彼女は秋葉に、「私は未来からきた、あなたの娘です。ここにしばらく置いて下さい」と告げた。
 25歳の青年と、18歳の女子高生。時を超えて巡り合った親子は、一週間の共同生活を送ることになる。
「娘だから」と割り切っていた秋葉の心にも次第に変化が訪れ、千花との別れの日が近づくにつれて感傷的な気持ちに捉われて行く。そして七泊八日の時間旅行がもたらした本当の意味は……?
24hポイント 0pt
小説 46,840 位 / 46,840件 ライト文芸 2,122 位 / 2,122件