望まれて婚約した聖女ですが、「彼と本当に愛し合っていたのは私」と幼なじみに突きつけられ、敵国の王太子からは結婚を迫られています

ミレイアは聖女で、幼なじみの青年と婚約して幸せだった。

だがある日、もう一人の幼なじみに「彼は本当は私と愛し合っていた」と告げられて衝撃を受ける。

ミレイアが大きく迷う中、敵国の王太子ラウルが現れる。
彼はミレイアと何度も剣を交えた相手でもあった。

ラウルは突然斬りかかり――

「お前に結婚を申し込む」

突如そう言い放ち、ミレイアに答えを迫った。

※PIXIV FANBOX特典にて先行公開しています。「小説家になろう」にも掲載。
24hポイント 28pt
小説 16,420 位 / 121,805件 恋愛 6,885 位 / 34,227件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!