続・暇を持て余した神たちの××な遊び

『暇を持て余した神たちの××な遊び』の続編です。

 時は、8月。
 無事に梅雨明けした夏のある日、相変わらず暇を持て余したバアルは惰眠を貪っていた。
 そこに幼馴染のトールが現れーー?
24hポイント 0pt
小説 87,321 位 / 87,321件 BL 8,507 位 / 8,507件