その男、執事につき。

 俺の名前は、一条景実(かげさね)。
 ある日大学から帰宅すると、執事のセバスチャンが「おかえりなさいませ、景実ぼっちゃま」と満面の笑みで迎えてくれた。
 この執事が俺を「ぼっちゃま」呼びをするときと、満面の笑みを浮かべるときは、ろくなことないんだよ…!
 なんとか逃げ出したい俺だったけど、脱出叶わずビクビクしながら家に入ることに。
 え、セバスチャン。
 今、部屋の鍵かけなかった!?
 って言ってる間にセバスチャンに押し倒されて、「milk or bitter?」
 えっ、なに?
 どういうこと!?
 チョコレートをそんな風に扱っていいと思って…あ、ああんっ!
 なに、やってんだよぉ…!?


※素敵な表紙は、さやいんげんさんに描いていただきました!
24hポイント 14pt
小説 20,992 位 / 99,750件 BL 3,707 位 / 9,892件