おひとり様には慣れましたので。

ニコルの婚約者はいつでも幼馴染の王女のそばにいる。

常日頃から放置されていた結果、
「別にひとりで行ってもいいんだわ」

向こうが好きにしているのだから、こちらも好きにすればいい。
婚約者の存在を最初から意識の外に置いて「お一人様」に慣れていくニコル。
最初から何も期待しないことを決めると実に楽になった。

しかし、お一人様の気楽さを知ってしまったニコルに、婚約者のケイオスは——
24hポイント 2,456pt
小説 701 位 / 144,466件 恋愛 338 位 / 45,185件