「失踪する群青」~消えゆく青春の日々~

 クラスカーストなる階級意識が支配する、ある高校の二年A組。
 底辺と揶揄されているカースト下位の伊集院(いしゅういん)京介(きょうすけ)は、学校生活に意味を見いだせず、やるせない日常と小説の世界に没頭する日々を過ごしていた。
 奇妙な雰囲気の教室にあり、互いに距離を取っていた下位生徒たちであったが、伊集院は小説を執筆している西園寺(さいおんじ)彩乃(あやの)のことが気になり始める。

 そんなある日、北関東の高校生男女四名が教室から失踪する事件が起こる。
 ネットの噂話と生徒たちの推理が交錯し、底辺たちの間にはある葛藤が湧き起こり始めた……。

「疾走するゴブリン傭兵団」~最悪のクラス転移からの始まり~前日譜
24hポイント 0pt
小説 55,512 位 / 55,512件 ライト文芸 2,316 位 / 2,316件