これは夢のまた夢の話


私には一部の記憶がない…高校生になった今でさえ思い出すことが出来ない…
そんな私は、不思議な夢に悩まされていた。その夢を見ると必ず泣いている…。そんな日々の繰り返し......
ある日、夢でよく見た少年(レン)に、
「ーお前は多重人格者なんだよ」
と告げられる。

その日を境に3人の主人格となってしまった私だったが、それは過去の自分のを知るスタートに過ぎなかった_

何故、自分には記憶が無いのか?
多重人格者となってしまったのか?

人格達の正体とはー

また、蓮が三菜に抱いていた感情とはー

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

解離性同一性障害(多重人格者)になってしまった少女が、3人の人格達と出会い過去の自分を受け入れ、前に進もうとするお話です。

きっと貴方も“自分のことを好きになれる”







24hポイント 0pt
小説 74,471 位 / 74,471件 ライト文芸 3,602 位 / 3,602件