ナイフと銃のラブソング

羽素未世(はもとみよ)はどこにでもいる少女。受験勉強に励んでいたある日、ポニアードという女に襲われる。未世は殺されそうになるが、ポニアードのお願いを聞くことにより、生かされることになる。そのお願いとはある人物を殺すことだった。それから月日が経ち、高校生になった未世は、ポニアードに人の殺し方を仕込まれていた。同時に佐坂智也(ささかともや)という少年との仲を深めていく。これは死にたくないと願った少女、羽素未世と、料理が好きな少年、佐坂智也の恋物語。

※おまけの四編はその後のお話です。一つの物語を終えた未世と智也が何を考え、どう生きていくのかを書きたくて付け足しました。
※羽素未世と佐坂智也の物語はこれでおしまいです。(他の話に出てくることはあるかもしれませんが。)最後まで、もしくは少しでも読んでくださった方々には、心から感謝します。誤字脱字が多く、つたない文章の上、書き直しや書き足しの多い物語でしたが、少しでも楽しんでいただけたら幸いです。ありがとうございました。
24hポイント 42pt
小説 9,219 位 / 56,135件 キャラ文芸 125 位 / 1,335件