前世を思い出したら今までの自分が『黒歴史』になった

レイナードはラール王国の第二王子だ。
後継者争いの真っ最中に、レイナードは毒入りの紅茶を飲んで倒れてしまう。
生死を彷徨ったのち、目が覚めたレイナードは前世の記憶を思い出していた。

責任もなく、自由気ままな大学生活を謳歌していた前世を知って、王太子になるよりも楽しい生活があるのではと気づく。

自分のことを殺そうとしている(?)兄弟たちの手から逃れられるのか。
帝国の王子も現れて⁈


ちょっとおバカな主人公がよくわからないことになる話です。
サクッと終わらせるつもりが進みが少し遅くなってしまいました。

10話と少しで完結予定です。
24hポイント 28pt
小説 23,105 位 / 140,427件 BL 4,743 位 / 15,875件