嗚呼、青春のホリゾントライト!

 高校演劇部での最後のチャンス「秋の府大会」で失態を演じて青春にピリオドを打ってしまった宮守昴(みやもりすばる)。卒業して一年以上が経った大学二年生の夏のある日、高校時代の恩師で演劇部顧問の山川先生から「後輩の指導をしてくれないか?」と電話がかかる。山川先生に病気が再発、入院していて、指導者が不在だという。
 昴は恩師の依頼を断れず古巣の洛和高校演劇部に向かうことになるが、そこに居たのは憧れの伊東爽香(いとうさやか)先生と、たった四人だけど個性豊かな部員たち。特に、俳優志望の女子部員である高野京子(たかのみやこ)は急にやってきた昴に反発する。

 昴は部員たちと一緒に「夏の大会」に向けて舞台を作り上げることができるのか?
 高校演劇を舞台にした青春の忘れ物取り返しドラマ。――そして緞帳が上がる。

☆カクヨム、エブリスタにも掲載
24hポイント 28pt
小説 19,318 位 / 121,071件 ライト文芸 274 位 / 5,052件