女神ウルドと時を翔ぶ僕ら(ウルド様シリーズ短編集)

スキニージーンズの銀髪お姉さん女神ウルドさま。時と運命の女神がきみのもとに現れて何かを変える? それとも何も変えない? 突然現れる彼女と、彼女に訪れられた少年を始めとしたさまざまな人々。その瞬間瞬間を切り取る、連作短編集。

水瀬郁人は鮎川舞のことが好きだ。ある夏の日、鮎川が生徒会長の夏目彰久と交際しだしたという噂を耳にする。河原で凹む郁人の前に『時と運命』の女神ウルドが現れる。ウルドは言う、彼女にかかればどんな恋の「どんでん返し」も可能だと。
一途な恋に生きる少年たちの純愛青春ファンタジー『僕は女神ウルドに、どんでん返しを願わない。』を始めとして、いくつもの物語をどうぞ。


24hポイント 0pt
小説 121,210 位 / 121,210件 ライト文芸 5,057 位 / 5,057件