エリート高校生とAIはどちらが賢いのかなど皆勝手に後者と断定していた

夏休みの補講に来ていた

エリート進学高の落ちこぼれ高校二年生

榊山英祐(サカキヤマエイユウ)は

親友の二階堂友里恵(ニカイドウユリエ)と

勉強をしていた。

すると突然教室に設置されたテレビが

どこかのカメラと中継を結び

ロボットが次々と人間を殺して行く様子を

見せられる。

教室にいるのは計七人。

困惑する中で次々と人間は殺されていく

唖然とした空気で映像を見続けていた

彼らが見たものとは!?
24hポイント 0pt
小説 96,120 位 / 96,120件 ファンタジー 26,093 位 / 26,093件