魔法世界という名の悲惨

魔法世界の少年、ノア。彼は受験した魔法学園の合格発表日、突然命を狙われ、家族を皆殺しにされる。そこから全てを失った彼の復讐劇が幕を開ける…。

【登場人物】
ノア(16)
 魔法陣を操る魔法少年。家族構成は父と母、妹の4人家族だったが、皆殺された。王国への復讐のために、現王国に滅ぼされたマジック王国の王として戦う決意をする。

ドューク(600・人間換算年齢60歳)
マジック王国の元参議(国民代表)でドラゴン。「レッド族」の「ドューク」なので、本名はレッドドュークである。

ナイト(160・人間換算年齢16歳)
ノアの面倒を見る侍従の男の子。非常に温和で信心深いが、騙されやすく行動が1テンポ遅い。彼もまた「レッド族」なので、本名はレッドナイト。

ソード(380・人間換算年齢38歳)
マジック王国の将軍。非常にノリと気前のいいおっさんだが、戦場になると優れた将軍としての統率力と戦闘能力を発揮する。なお「ホワイト族」の「ソード」なので、本名はホワイトソード。

イノセント(150・人間換算年齢15歳)
ノア王子の元妃(要はマジック王国の皇太子妃)。今の所、「ノア王子≠魔法少年ノア」であることを知らない。ソードの姪で、祖父の死(殺されたらしい)に関して何かしらのトラウマを抱えているようである。彼女も「ホワイト族」なので、本名はホワイトイノセント。

サイエンス(320・人間換算年齢32歳)
イノセントの侍従で、きつい物言いをする女性科学者。以前はイノセントの家庭教師だったが大戦のときに後宮の女性たちを逃がした功績から海底都市の首相として扱われている。イノセントとマジック王家以外には誰にも敬意を表さないという固い決意の持ち主で、ノアに尋常じゃない不信感を抱いていた。

セイレーン(10)
人間とセイレーンの混血児。父親は国を滅ぼした勇者で、母親はセイレーン。父親が母親を勝手に見初め、母親が(逃げたら最悪海底都市を滅ぼされると懸念したため)諦める形で結ばれた結果誕生した娘だが、娘を憎み切れなかった母親の手によっていざという時の海底都市の場所や言霊魔法などを伝授された。

アカネ(16)
ノアの元幼馴染。ノアを図らずして裏切り、ノアから幼馴染の縁を切られた。

カイ(18)
『ポートピアの惨劇』から生き延びた少年の一人。現在、公都「スターライト」に匿われている。空間魔法に長けている。

登場人物は今後、登場毎に更新します。
24hポイント 7pt
小説 20,305 位 / 80,002件 ファンタジー 4,619 位 / 23,028件