天冥海フロンティア

 時代は既に24世紀。人類が地球以外の惑星に居住権を得てから100年以上が経過していた。
 その間テラフォーミング技術は飛躍的に進化し天王星を中心とする天冥海フロンティアは2000万の人口を抱えるに至る。
 アクバル・バジール少将は天冥海フロンティア発展に尽くした父の後を継ぎ天冥海フロンティアの長となり太陽系規模の戦いに身を投じることになる。


登場人物:
(天冥海フロンティア)
アクバル・バジール・・・天冥海フロンティアの長。少将(最高位)。
フランソワ・イヴァンシ・・・アクバルの副官。少尉。
パーヤ・エルク・・・トリトンの新ドーム建設の責任者。少佐。
ノーラム・バジール・・・アクバルの父。故人。

(地球政府)
バレク・サンダーズ・・・地球政府軍の老将。
ダラー・セリク・・・地球政府の御用商人。
24hポイント 0pt
小説 59,296 位 / 59,296件 SF 1,990 位 / 1,990件