レイナの肌は世界に一つだけの肌

地球よりはるか遠くにあるポーラスターという、地球によく似た双子星がありました。マラウス大陸という争いが絶えない土地で白斑のある肌を持つ美少女レイナが、ハンデを乗り越えながら閉鎖的なアリア帝国を変えようと頑張るストーリーです。
あらすじ:地球よりはるか遠くにある惑星ポーラスターという、地球によく似た双子星があった。ポーラスターにあるマラウス大陸という土地があって、青い海が美しい平和なイリア王国に暮らすレイナは、海辺で裸で泳ぐ美しい青年と出会う。レイナは天使の様に美しい青年に見惚れるが、裸を見られたと思った青年はレイナにまだらネズミと激怒する。怒られたと思ったレイナは泣いて逃げてしまう。
その日の夜、イリア王国の隣国で独裁国家のアリア帝国のアル・センファ将軍率いる軍隊がイリア王国を襲撃して占領されてしまう。アルに両親を殺されて、レイナはアリア帝国に復讐を誓う。
奴隷としてアリア帝国に連れてこられたレイナは、王宮で海辺で出会ったムカついた美青年と再会する。美青年の名はケレスという名でアリア帝国の皇帝だった。
アリア帝国のケレス皇帝と再会したレイナは、マラウス大陸の運命に関わる泥沼の争いに巻き込まれる――。
24hポイント 0pt
小説 86,882 位 / 86,882件 ファンタジー 24,851 位 / 24,851件