妹のためなら死ねる ~超絶ハイスペックな兄が溺愛するヤンデレ妹のために死ぬほど頑張ります~

 黒岩孝仁はシスコンである。妹を溺愛するあまり毎晩枕もとに妹の幻影を見るほどである。妹の幻影は鈍く光る刃物を握り締めている。それは、過去に妹を見捨てた孝仁の後悔が生み出す亡霊の姿である。

 妹は生きている。しかし心が壊れている。心的外傷により、靴を履くだけで発狂する。

 ある夜、妹は願い事を口にした。家の外に出ることすらできない妹が望むのは、コンビニ店員になることだった。

 孝仁は妹の願いを叶えるべく奮闘するが――どれほど優秀な人間でも、努力が報われるとは限らない。

 果たして何ひとつ成し遂げることのできなかった孝仁は、狂ったように笑い続ける。大粒の涙を流しながら、空を見上げて笑い続けるのだった。
24hポイント 85pt
小説 10,247 位 / 127,890件 ライト文芸 152 位 / 5,083件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!