眠れない天使のように

ユカリは素敵な恋愛に憧れる12歳の少女。
「運命の赤い糸」と「恋愛成就の女神」伝説にあやかるため、永森神社へお祈りに行く。そこで赤い糸がついた風船が縁となり、3歳上のヒロトと出会う。

2年後二人は再会し、一緒に風景画を描く。二人は会う度に喧嘩ばかりだが、互いに恋していた。しかしヒロトは永森村と決別し、村への思いの相違から大喧嘩となって別れてしまう。

東京に出たヒロトは脱サラし、23歳で成功者の街、白金に住み、社長令嬢、2歳上の明日香と出会い、交際する。
ある日ヒロトは美術館で、以前に二人で描いたユカリの絵を見つけ、迷いが生じるものの明日香のために生きようとする。

しかしヒロトにトラブルが続き無職状態となり、明日香との連絡も自ら途絶えた。絶望の中、ヒロトは永森神社で7年ぶりにユカリと会うも二人は正反対の道を歩む。

その直後、12歳の頃のユカリにそっくりな謎の巫女がヒロトの前に現れ、ユカリが今もヒロトの幸せを祈っていることを知らされる。

ユカリは赤い風船を持って、ヒロトと初めて出会った場所で待っていた。二人はその場で抱き合い、お互いの本心を知る。
ユカリの目には、二人の小指に赤い糸が繋がっているのが見えた。

後日ヒロトは神主より、神社に巫女は在籍してなく、
恋愛成就の伝説に登場する女神にそっくりであることを知らされる。一方、明日香のサポートで、ヒロトは仕事に復帰できたが、ヒロトの心に明日香はなく、明日香は涙する。

やがて明日香は青年実業家と出会い、結婚する。
明日香とヒロトは互いの幸せを願い、最後の別れを告げる。

その後、ヒロトはユカリとの出会いを本にし、ベストセラーとなる。ユカリの新作の絵は大人気となり、美術館と神社は恋愛に憧れる人々の聖地になる。

そしてヒロトとユカリは結ばれる。
最後に見た夢。ユカリは夢の中で12歳の巫女の姿となり、
神社に飾ってあるユカリの絵の中に吸い込まれるように消えていった。
24hポイント 0pt
小説 96,215 位 / 96,215件 恋愛 26,520 位 / 26,520件