橫浜水の里物語

大都会から車で1時間以内に素晴らしい自然の里がある、
そこで生まれた加藤末吉はこの自然が好きで村を離れず地元で便利屋
として住民につくし地元で結婚した。ある日、村から8kmの所に
高速道路が通り、その出入り口を作る計画があがった。父、加藤吉宗
が将来の村の発展のため村外から優秀な村長を探し多くのアイディアを
出してもらい村は発展したが村長が病に倒れた。その後、吉宗の長男に
村長を打診し了解してもらい高速道路の効果で増えた村の資産を投資
で、さらに増やし村の産業界発のためにつくし村の過疎化対策で若い
移住者の優遇政策で人口を増やし村の若返りにも成功した。吉宗が
亡くなった時、莫大な個人資産を全て村に寄付し・・・。
作品はカクヨム、小説家になろう、ツギクルに重複投稿。
24hポイント 0pt
小説 77,061 位 / 77,061件 現代文学 3,268 位 / 3,268件