富士山の向こうに未来が見える

富士山の四季折々の姿を間近で見られる沼津、三島で出会い、結婚し、雇われ漁師だけでは経済的に厳しいとトラック運転手の仕事も掛け持ちした。懸命に働き、3DKのアパートに2人子供と女房の4人暮らしをしていた。運命のいたずらか、結婚20年目にして、交通事故という災難で突然この世を去った。その後、長男の悦郎は銀行員に、長女の朋美も後を追うように銀行へ就職、その後の悦郎は、父の遺体を確認のために警察に行く満員電車で意識そうしない、数日間、昏睡状態となり、生死をさまよった。その時、不思議な光景が見えた。その後の峯崎家の残された3人の運命は・・・。後は本編をご覧下さい。
24hポイント 0pt
小説 79,550 位 / 79,550件 現代文学 3,672 位 / 3,672件