花も紅葉も ~仇討ち道中記「京の都」編~

朝稽古に励む中、唐突に知らされる凶報、
意に反する仇討ちの旅路は、やがて大きく渦巻く陰謀へと帰結する。

剣客志望の三津矢伊織は兄を斬殺され、藩命で仇討ちの旅に出ることになった。
面倒な仇討ちなどさっさと済ませて、剣客として人生を歩みたい伊織だったが我知らずとんでもない事件に巻き込まれていくのだった。

そんな感じの作文です。
来年の歴史・時代小説大賞にエントリーしたいなあと考えてます

※エブリスタにも公開しております
※表紙イラストは「cocoanco」さんのフリーイラストを使わせてもらっています
24hポイント 0pt
小説 125,484 位 / 125,484件 歴史・時代 1,426 位 / 1,426件