婚約破棄してまで義妹との婚約は、止めておいた方が…と伝えてあげたものの、手遅れだったようです

「メーリアスは僕が幸せにして見せるとも。姉の君の名に誓って、それは約束しようじゃないか」

 メーリアスと言うのは、血のつながった正真正銘私の妹。…そんな妹との婚約を本気でするつもりらしい。

 私はため息と呆れを同時に感じ、一応彼にその旨を告げてみる。

「あの…悪い事は言いませんので、あの子との婚約はやめておいた方が…」

 しかしすでに夢中になってしまっているこの男に、そんな警告が伝わるはずもなく…
24hポイント 99pt
小説 10,580 位 / 148,470件 恋愛 4,958 位 / 46,794件