いつかあの大空へ

 ぼくの名前は“中村 ピースケ”。セキセイインコって鳥なんだ。
ぼくは、優しいパパさんとママさんに愛されて、とっても幸せな日々を送っていたんだ。

 ある春の日、ぼくの前に現れた、ツバメの“ハヤト” の自由な生き方に、
ぼくは強くあこがれた。
「いつか、あの大空へ!」
ぼくは、大きな夢を抱いた。

 果たして、ピースケの夢は実現するのか?
 本当の幸せとは何なのか? を描いた優しくて、ちょっと切ない物語。
24hポイント 0pt
小説 124,429 位 / 124,429件 児童書・童話 2,150 位 / 2,150件