死精霊王の花嫁 ~勘違いから始まる夫婦生活~

「お前が予言の娘か」
そう言って現れたのは、漆黒の長い髪、白い肌の偉丈夫──死の精霊王だった。

念願の花屋の仕事をしていた主人公だったが、配達中に玉突き事故で亡くなり──妖精界の都市ムリアスに人造人間(ホムンクルス)として転生する。
ある妖精王の妻となるため人造人間を十三体製造に成功する。しかし、妻に選ばれないと奴隷か殺されると推察して主人公は脱走。
製造者である魔術師の叡智を得ているので、脱出は楽勝──と思っていたら追手に、呪縛の魔法と大ピンチに。それを助けてくれたのが、《死の精霊王》と呼ばれるノックマの丘に住む死の妖精、ファンヴァラ。
ファンヴァラはある事を主人公に求めるのだが──

転生×西洋ファンタジー×恋愛
24hポイント 0pt
小説 59,109 位 / 59,109件 恋愛 14,269 位 / 14,269件