その飴さえもとけるまで。

母校でもある私立高校で社会科の教師をしている仲村飛鷹はある日怖い人たちに絡まれていた同じ学校の問題児である柏木瑠惟を助けたことをきっかけに気に入られてしまった。
学年も部活や委員会でさえ違う2人であったが、わがままで天邪鬼な瑠惟に振り回されながらも飛鷹は徐々に瑠惟の素直なところや年相応に可愛らしいところが気になりはじめ、互いに距離を縮めていくが、教師と生徒という関係や周りの同性愛に対する偏見の目など、どうしてもこれ以上は近づいてはいけない理由にもどかしい関係が続いてしまう。

教師×生徒のほのぼの甘め(?)な学園ものです。

24hポイント 7pt
小説 19,810 位 / 87,044件 BL 3,640 位 / 8,485件