悪逆非道の女王様

 悪逆非道の王国セインガルド。王族は神の化身フレイヤの子孫と言われ、『言霊縛り』と呼ばれる人を言葉で操る力を持っていた。

 世代をまたぎ暴君女王が力を使って民に悪政を強いるその王国で、リオーネは十六代目女王を就任。その傍らにはいつも、顔のよく似た護衛騎士ルイスが仕えていた。


 時を同じくして、夜盗に扮した王国騎士団に故郷を滅ぼされ、最愛の母と仲間を失った悲劇の少女が居た。

 彼女の名前はフィリア。遠い昔に王族を除籍された王子の末裔だった。ご先祖様の果たせなかった悲願を胸に、母と仲間の敵を討つため、フィリアはレジスタンスに入り立ち向かう。


悪逆非道の女王様編→女王様サイド、リオーネのお話です。

戦姫フィリアの復讐鐔編→悲劇のヒロインサイド、フィリアのお話です。

忌み子王子と魔王の契約編→女王に仕える護衛騎士ルイスのお話です。(現在執筆中)

この作品は「小説家になろう」でも掲載中です。
24hポイント 14pt
小説 11,414 位 / 47,060件 恋愛 3,723 位 / 11,176件